• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    自作PCの構築に10万円の予算を用意できれば、3万円や5万円の予算では手が出ないパーツも採用できるようになり、選択肢が一気に広がります。また、10万円を投入するのであれば、「それなりの性能を持った自作PCを組み上げたい」「絶対に失敗したくない」といった気持ちが強く湧いてくることでしょう。
    こちらでは、そんな方々のために10万円の範囲でできる自作PCの作例をお届けしていきます。
CATEGORY
初めての自作

予算10万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択と性能

自作PCの構築に10万円の予算を用意できれば、3万円や5万円の予算では手が出ないパーツも採用できるようになり、選択肢が一気に広がります。また、10万円を投入するのであれば、「それなりの性能を持った自作PCを組み上げたい」「絶対に失敗したくない」といった気持ちが強く湧いてくることでしょう。
こちらでは、そんな方々のために10万円の範囲でできる自作PCの作例をお届けしていきます。

>> 関連記事 :予算5万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択のコツ

自作PC作成に必要なパーツ

自作PCを動作させるためには、以下のようなパーツが必要になります。

 

CPU

パソコンの頭脳にあたるパーツで、データの処理スピードを決定付けます。高性能なCPUほどアプリケーションの処理速度が上がり、快適にPCを扱えるようになります。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

かなり選択自由度の高いパーツですが、コスパの高いCore i5 9400FやRyzen 5 3600に軸足を置いて、周辺の機器をそろえていくのがおすすめです。同シリーズ内では規格が統一されているので、最終的な余裕があるようであればアップグレード、厳しいようであればダウングレードする方針を取ることも可能です。

 

 

マザーボード

各種パーツを接続するための基盤となるパーツです。マザーボード側の接続端子によって使用できるパーツが逆算的に決まるので、構成を決める際の基準となります。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

想定している最終形に応じて、かなり値段に差が出るパーツです。今後の拡張性を高めたい場合はPCI Expressのレーン数などの最低限必要とする機能を確認し、その中から安いものを選びましょう。それほど拡張性を求めないのであれば、低価格帯のMicroATX規格マザーボードから選ぶのが良いでしょう。

 

 

メモリ

CPUやGPUが処理を行う際、必要なデータを一時的に保管しておくための作業空間を提供するパーツです。同時に複数のアプリケーションを起動して処理を行いたい場合には、より多くのメモリが必要になります。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

半導体の価格変動に大きく左右されるパーツで、時期によって値段が変化しやすい点に留意してください。どんな構成でも最低8GB、それなりのゲームを遊びたい場合であれば16GBはメモリを確保したいところです。

 

 

GPU

3Dグラフィックスなどの画像処理に特化したパーツで、高性能なものほどグラフィックスの処理性能が高くなります。一般的にはグラフィックボードに搭載されているものを使用しますが、CPUやマザーボードが内蔵している場合もあります。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

こちらも用途ごとに値段が大きく変動するするパーツです。まずはそこそこの性能を保持しつつ1万円強の価格で購入可能なGeForce GTX 1650あたりを目安として考えるとよいでしょう。よりグラフィック処理能力を高めたい場合は、3万円強で入手できるGeForce RTX 2060も選択肢に入ってきます。

 

 

SSD

データの保管庫にあたるパーツの一種です。HDDに比べるとデータ転送速度が速い反面、容量が少なめなことが特徴です。SSDにOSやアプリケーションをインストールすると、PCやアプリケーションの起動を高速化できます。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

ここ数年で一気に価格が下落したパーツで、手に入れやすくなっています。ソフトウェアのインストール用として3000円台で購入可能な256GBのSSDを導入し、サブストレージのHDDと併用するのがおすすめです。

 

 

サブストレージ(HDD)

データの保管庫にあたるパーツの一種です。SSDに比べるとデータ転送速度は劣りますが、容量が多いことが特徴です。動画や画像など、大容量のデータを保管するのに便利です。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

現在は6000円前後で2TBの大容量を確保できます。OSやソフトウェアをインストールするためのストレージはSSDに譲るとして、サブストレージとしてHDDを導入しておけばPCの取り回しが非常に良くなります。

 

 

PCケース

PCを構成するパーツを収めるためのケースです。マザーボードにはいくつかの規格があるので、それに合わせたものを購入しましょう。基本的に大きな規格(ATX)に合ったものは、より小さな規格(MicroATX)にも対応しています。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

マザーボードと同様に、今後の拡張性を決定付けるパーツです。基本的には規格がマザーボードに合ってさえいれば問題ありませんが、組み上げた後も増設を行いたい場合は少々大きめ&多機能なPCケースも視野に入ってくるでしょう。

 

 

CPUクーラー

発熱するCPUを冷却するためのパーツです。高性能CPUほど発熱量も多い傾向にあり、しっかりと放熱が行われないとパーツの耐用年数が短くなってしまいます。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

CPUをハイエンドモデルに変更したい場合、CPUを発熱から守るCPUクーラーは重要です。逆にいえば、通常の構成であれば、それほど気にかける部分ではないのも確かです。しっかりとした性能のものを用意すればPCの安定性は確実に高まるので、3Dゲームを遊びたい人は4000円~6000円台のクーラーを用意するのも悪くないでしょう。

 

 

電源ユニット

CPUやSSDなどのパーツに電力を供給するパーツです。各パーツには必要な電圧が決まっており、パーツに合わせて電圧を調整することも電源の役割になります。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

電源ユニットには、電力変換効率の性能を示す「80PLUS」と呼ばれる規格があり、同規格内には6つのグレードが存在しています。大きな電力を必要とする構成ほど高いグレードの電源ユニットが力を発揮する仕組みとなります。消費電力の多いCPUやGPUを採用した場合はGOLDグレードで750W以上の出力を目安に探すと良いでしょう。

 

 

OS

PCを動かすためのアプリケーションです。現状では、もっとも安価で入手できるWindows 10 Home 64bitほぼ一択でしょう。DSP版(パーツとセットで購入し、セットにしたパーツが組み込まれている構成でのみ機能する)を使用すれば3000円ほど価格を抑えられますが、その場合はバンドルするパーツを中長期的に変更しない前提で設定しましょう。

  • 10万円の自作PCへのおすすめ

Windows 10 Home 64bitは1万6000円から2万円ほどで購入できます。

また、PCケースやCPUクーラー、その他の周辺機器などは、手持ちのPCから流用することが可能です。特にキーボードやモニタなどの周辺機器は、PC本体が壊れて動かなくなってしまっている場合でも問題なく機能する場合が多いので、流用できるパーツは流用して、ほかのパーツの購入資金に回しましょう。

>> 関連記事 :自作PC作成時に必要なパーツの用途と選び方

 

 

予算10万円の自作PCのおすすめ構成例

10万円あれば、ある程度の自由度をもって自作PCを組み上げられます。ただし、自作PCの世界でも10万円は「中間よりちょっと安い」くらいの基準であり、目的に合わせてしっかりとした性能を発揮させるためには、多少の割り切りも必要になるでしょう。

 

ここからは以下のコンセプトに合わせた構成例を紹介していきます。

 

  • ゲーミング性能に特化した自作PC

なお、ほぼ価格が固定されているOSの予算は構成から省略し、かわりに代替えが利くモニタやキーボードなどの周辺機器の価格を表記しています。これらの周辺機器を流用できる場合は、構成例に多少の追加投資を行うことでOS込みの自作PCを構築できます。

 

 

①ゲーミング性能に特化した自作PC

高性能な自作PCの代表格といえば、やはりゲーミングPC。ハイクオリティな3Dゲームを美しい映像とともに遊んでみたい人のために、10万円で最大限ゲーミング性能を高めたPC構成を考えてみました。

 

自作PC構成例

 CPU  AMD「Ryzen 5 2600」
(6コア/12スレッド、定格3.9GHz)
参考価格 15,070円(税抜)
 メモリ  Team「TED416GM2400C16DC01」
(DDR4 8GB 2枚組)
参考価格 7,517円(税抜)
 マザーボード  ASRock「A320M-HDV R4.0」 参考価格 5,690円(税抜)
 GPU  MSI「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」 参考価格 37,669円(税抜)
 電源ユニット  ANTEC「NeoECO Gold NE750G」
(80PLUS GOLD 750W)
参考価格 10,580円(税抜)
 SSD  トランセンド「TS128GSSD230S」
(128GB Serial ATA 6Gb/s)
参考価格 3,330円(税抜)
 HDD  SEAGATE「ST4000DM004」
(4TB Serial ATA 600)
参考価格 7,434円(税抜)
 PCケース  Thermaltake「Versa H17」
(microATX)
参考価格 2,900円(税抜)
 モニタ  I-O DATA「EX-LD2381DB」
(23.8インチ)
参考価格 11,980円(税抜)
 キーボード・マウス  バッファロー「BSKBW100SBK」
(キーボード・マウスセット商品/無線)
参考価格 1,800円(税抜)
 総額  103,970円

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

ひとつの特徴に特化した自作PCの場合、コンセプトとなるパーツを決定すればそれ以外の要素も合わせて決まっていきます。今回の場合は、コスパの良い「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」の採用を前提として考え、それに合わせて周辺の要素を決定していきました。

また、電源ユニットにはやや余裕を持たせたスペックの製品を選んでいるので、組み上げた後のアップグレードも行いやすい構成になっています。

 

自作PCの性能

CPUは「Ryzen 5 2600」と、やや落ち着き気味の性能のものを選ぶ形になりましたが、大多数の3Dゲームを遊ぶにあたっては不自由のない性能といえるでしょう。メモリも十分な容量を確保しているので、マルチタスクもソツなくこなしてくれるはずです。SSDに若干不安が残るので、少額の追加投資でアップグレードするならば、大容量のSSDを導入することをおすすめします。

 

 

②動画編集もできるクリエイター向けPC

ひとくちに「クリエイター向けPC」といっても、用途によって必要とされる能力はさまざまです。その中でも特に高いデータ処理能力を必要とされるのが、動画クリエイター向けのPCでしょう。動画制作に必要な能力に特化した自作PCの構成を考えてみました。

 

自作PC構成例

 CPU  Intel「Core i7 9700F」
(8コア/8スレッド、定格3.0GHz)
 参考価格 37,380円(税抜)
 メモリ  Team「TED416GM2400C16DC01」
(DDR4 8GB 2枚組)
 参考価格 7,517円(税抜)
 マザーボード  ASUS「PRIME B365M-K」  参考価格 8,700円(税抜)
 GPU  MSI「GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OC」  参考価格 16,659円(税抜)
 電源ユニット  ANTEC「KRPW-BK650W/85+」
(80PLUS BRONZE 650W)
 参考価格 5,644円(税抜)
 SSD  CFD「CSSD-S6B960CG3VX」
(960GB Serial ATA 6Gb/s)
 参考価格 9,286円(税抜)
 HDD  SEAGATE「ST4000DM004」
(4TB Serial ATA 600)
 参考価格 7,434円(税抜)
 PCケース  Thermaltake「Versa H17」
(microATX)
 参考価格 2,900円(税抜)
 モニタ  I-O DATA「EX-LD2381DB」
(23.8インチ)
 参考価格 11,980円(税抜)
 キーボード・マウス  バッファロー「BSKBW100SBK」
(キーボード・マウスセット商品/無線)
 参考価格 1,800円(税抜)
 総額  109,300円

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

大容量の動画データのエンコードに耐えうる性能を確保するため、Intel第9世代プロセッサのハイエンドモデル「Core i7 9700F」を採用しつつ、全体の価格を10万円台に収めた構成例です。Core i7 9700Fは同世代のCore i7 9700Kにはやや劣るものの、コストパフォーマンスの高さは注目に値します。安価なPCに高負荷の処理を任せたい場合には、うってつけのCPUといえるでしょう。

 

自作PCの性能

もう少し予算を割いてキャプチャボードなどを導入すれば、録画から編集までまるごとこなせる完璧な動画クリエイター向けPCとして完成させることも可能です。また、資金に余裕があるのであればCPUクーラーを高品質なものに変更することにより、より動作が安定して長期的に使えるPCとして活躍してくれます。

 

 

③拡張性と扱いやすさを最大限高めたデュアルモニタPC

性能を追い求めるばかりが自作パソコンの面白みではありません。こちらでは、ワークスペースや家庭用PCとしての快適性を高めるために、周辺機器の取り回しと、拡張性の確保に特化したデュアルモニタ型PCの構成例を紹介します。

 

自作PC構成例

 CPU  Intel「Core i5 9400F」
(8コア/8スレッド、定格3.0GHz)
 参考価格 17,426円(税抜)
 メモリ  G.Skill「F4-2666C19S-8GNT」
(DDR4 8GB 1枚組)
 参考価格 3,680円(税抜)
 マザーボード  GIGABYTE「Z390 UD」  参考価格 11,921円(税抜)
 GPU  MSI「GT 1030 2G LP OC」  参考価格 8,910円(税抜)
 電源ユニット  ANTEC「KRPW-BK650W/85+」
(80PLUS BRONZE 650W)
 参考価格 5,644円(税抜)
 SSD  CFD「CSSD-S6B480CG3VX」
(480GB Serial ATA 6Gb/s)
 参考価格 5,478円(税抜)
 PCケース  Thermaltake「Versa H26」
(microATX)
 参考価格 4,158円(税抜)
 モニタ  I-O DATA「EX-LD2381DB」
(23.8インチ)
 参考価格 11,980円(税抜)
 サブモニタ  I-O DATA「EX-LD2381DB」
(23.8インチ)
 参考価格 11,980円(税抜)
 モニタアーム  エルゴトロン「45-241-026 LX デスクマウントアーム」  参考価格 13,980円(税抜)
 マウス エレコム「M-DPT1MRXBK」

(トラックボールマウス)

 参考価格 7,555円(税抜)
 キーボード ロジクール「Wireless Keyboard」  参考価格 1,782円(税抜)
 総額  104,494円

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

省スペースでデュアルモニタ環境を実現するために、モニタアーム「45-241-026 LX デスクマウントアーム」を導入しているのが最大の特徴です。また、トラックボールマウスを使用するとマウス周辺のスペースを圧迫しないため、手元に書類を用意する必要のある仕事などで重宝することでしょう。

 

自作PCの性能

単純なスペックは全体的に抑えめで、ワークスペースとしての運用を想定しています。とはいえ、マザーボードにはZ390チップセットを搭載した「Z390 UD」を採用し、PCケースも余裕のあるサイズのものを選んでいるため、今後の拡張性は十分。世代的にも比較的新しいものをベースに使っているため、1~2年内であれば追加投資で一気に性能を向上させられるポテンシャルを秘めたマシンでもあります。

 

 

 

まとめ

目的を明確に絞ることにより、10万円の予算でもさまざまなニーズを満たす自作PCを構築できることが分かりました。ただし、PCのパーツは高価なものになるほど規格や動作環境の整備が難しくなっていくので、単純に特化させれば良いわけではないというのが難しいポイントでもあります。自作PCを実際に組み上げる場合は、予算を集中させるパーツがどのような特性を持っているのか、よく調べることを忘れないようにしましょう。


  • DATE
    2020.01.07
  • WRITTEN BY
    真田 マイク
  • TAG
    自作PC
BACK TO LIST