• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    ゲーム実況者としてデビューするときに必要不可欠なのが、ゲームの録画や編集、配信を行うパソコンになります。いま使っているパソコンでゲーム実況が行えるのか? それともゲーム実況用に新調すべきなのか? 購入するにしても、どんなパソコンを選べばいいのか…、そんな悩みは尽きないものです。

    これからゲーム実況を始める人に向けて、おすすめのパソコンを紹介します。
CATEGORY
ゲーム

ゲーム実況におすすめのパソコン10選!必要なスペックなど選び方も解説

ゲーム実況者としてデビューするときに必要不可欠なのが、ゲームの録画や編集、配信を行うパソコンになります。いま使っているパソコンでゲーム実況が行えるのか? それともゲーム実況用に新調すべきなのか? 購入するにしても、どんなパソコンを選べばいいのか…、そんな悩みは尽きないものです。

これからゲーム実況を始める人に向けて、おすすめのパソコンを紹介します。

eスポーツが話題を集める中、最新の3Dゲームや競技性の高いゲーム人口は増加の一途。そんなニーズ…

ゲーム実況用のパソコンと普通のパソコンの違い

WordやExcelを使った作業や、インターネットの閲覧に使うパソコンであれば、性能が低くても困ることはほとんどありません。一方、ゲーム実況用のパソコンは、性能が高ければ高いほど作業が行いやすくなります

したがって高性能なパソコンを購入するのが理想ですが、パソコンの性能と価格は比例しており、ハイスペックなものほど高価です。予算をできるだけ抑えたいという方は、下記の項目をチェックして決めるといいでしょう。

 

 

 

ゲーム実況用のパソコンに求められるスペック

ゲーム実況用のパソコンを選ぶときは、以下の3つの項目に注目してください。

  • 画像処理:グラフィックの処理を担当。GPUと呼ばれる処理装置を指す
  • 処理能力:パソコンの頭脳といわれるCPUのこと。併せてメモリの確認も重要
  • 容量:データを保存するパーツ。HDDとSSDがあり、後者のほうが優秀

OSは、MacではなくWindowsを選ぶのが堅実です。というのも、ゲーム実況で使われるアプリの多くがWindows用なうえ、ゲーム実況に必要な機材も、Windowsにのみ対応した製品が多いからです。

また、PS4やNintendo Switchなど、家庭用ゲーム機の録画や配信をパソコンで行う場合は、ゲーム機の画面をパソコンに映し出すキャプチャーボードと呼ばれる機材が必要になります。一般的に2万円前後の製品が主流です。

なお、PCゲームをプレイする場合は、そのゲームの推奨動作環境を満たしているかどうか、事前に調べておくことも重要です。少なくとも、CPU、GPU、メモリの項目はチェックするようにしてください。

YouTubeやニコニコ動画など動画配信サイトで人気のゲーム実況。これから挑戦してみたいと考える…

 

 

 

画像処理

画像処理に関係する“GPU”は、PCゲームをプレイするときに重要になるパーツです。

GPUに求められる性能は、プレイしたいPCゲームや画質の設定によって変わります。GPUの性能が足りないと、ゲームが重くなるなどしてまともにプレイできないので、ショップの店員さんにも確認し、目的のゲームの推奨環境に合わせて搭載するGPUを選ぶようにしてください。

なお、キャプチャーボードを使って家庭用ゲーム機をプレイするときは、低スペックのGPUでも問題ありません。ただし、近年のGPUには、ライブ配信や録画、動画編集が軽くなるといった働きもあります。PCゲームに手を出したくなったときに使える利点もあるので、GPUはケチらないほうがいいでしょう。

PCのグラフィック性能を向上させてくれるグラフィックボードは、最新のゲームや動画編集を行う場…

 

 

処理能力

パソコンの処理能力を司るCPUも、ゲーム実況を行ううえで非常に重要なパーツです。CPUの性能が低いと、ゲームの動き自体や動画の編集作業が重くなってしまうほか、動画の圧縮や変換を行うエンコードの負荷に耐えられない可能性もあります。

CPUには、Intel製とAMD製のものがありますが、ゲームのプレイにはIntel製を選ぶのがおすすめです。その理由は、シェア率の違いにあります。Intel製品のシェアが圧倒的であるせいか、ゲームの推奨スペック欄にはインテルIntel製品のみが言及されているケースが少なくないからです。

性能的にはCore i5以上、できれば Core i7のCPUを選ぶのがベストです。ただし、同じCore i5やCore i7でも、世代によって性能は大きく変わります。世代は末尾の数字でチェックでき、数字が大きいほど世代が新しくて性能が優秀なCPUになります。

また、CPUと合わせてメモリも確認しておきましょう。メモリの容量が大きいほど、複数の作業を並行して行えるようになります。ゲーム実況を行う場合は、最低も8GB以上、できれば16GB搭載するのが理想です。

メモリは多く搭載すればするほどPCの動作を快適なものにしてくれるパーツですが、自作初心者はど…

 

 

データ容量

パソコンのデータ容量は、SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスク・ドライブ)の2種類。前者はデータの読み書きが早い反面、容量が少ない。後者はデータの読み書きが遅い反面、容量が多いといった特徴があります。

それぞれ一長一短がありますが、近年はSSD+HDDの組み合わせが主流です。これなら読み書きに優れたSSDにゲームデータを保存しゲームの起動時間やロード時間を短縮しつつ、容量の多いHDDに動画など大量のデータを保存することができ、お互いの短所を長所でカバーしあえます。

容量に関しては、増設できるので深く悩まなくても大丈夫ですが、SSDの場合は最低でも240GB以上を選ぶようにしましょう。

PCを動かすために必要なOSや、Microsoft Officeなどのアプリケーション、PCに取り込んだ音楽や写…

 

 

ゲーム実況におすすめのパソコン10選

パソコンには、デスクトップPCとノートPCがありますが、ゲーム実況を行うならデスクトップPCです。というのも、デスクトップPCのほうが拡張性に優れていますし、CPU負荷の高いゲーム実況には、排熱効率の高いデスクトップPCのほうが有利です。さらにデスクトップPCの中でも、拡張性と排熱性に優れたミドルタワーを選ぶのがベストでしょう。

そこで今回は、デスクトップを中心におすすめのパソコンをセレクトしました。外出先でもゲーム実況のライブ配信にチャレンジしたいなど、強いこだわりがある方は、最後に紹介しているノートPCをチェックしてください。

家庭用ゲームと同様の感覚でリビングから寝室へと持ち運んだり、職場や学校へ持ち出せる小型のゲ…

<ゲーム実況におすすめのパソコン10選>

  • IdeaCentre T540 ゲーミングエディション
  • GALLERIA RT5 2600搭載
  • Dell G5 ゲーミングデスクトップ フルカスタマイズ
  • LEVEL-M0B4-R73X-RVS [Windows 10 Home]
  • NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK
  • ROG Strix GL10CS(GL10CS-I5G1660T)
  • OMEN Obelisk Desktop 875-0200(AMD)価格.com 限定アドバンスプラスモデル
  • GALLERIA GCR1650GF7
  • NEXTGEAR-NOTE i5350SA1-M2SH2-KK
  • HP Pavilion Gaming 15(インテル)価格.com 限定クリエイターモデル
商品名 メーカー 価格 発売年 特徴
IdeaCentre T540 ゲーミングエディション Lenovo 86394円 2019年6月7日 コスパがいい
GALLERIA RT5 2600搭載 ドスパラ 93478円 2020年1月30日 コスパがいい・最新モデル
Dell G5 ゲーミングデスクトップ フルカスタマイズ Dell 94980円 2019年9月12日 コスパがいい
LEVEL-M0B4-R73X-RVS [Windows 10 Home] iiyama 115478円 2020年2月3日 最新モデル
NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK マウスコンピューター 129800円 2019年6月6日 コスパがいい
ROG Strix GL10CS (GL10CS-I5G1660T) ASUS 133800円 2019年9月20日 デザイン性にも優れる
OMEN Obelisk Desktop 875-0200(AMD)価格.com 限定アドバンスプラスモデル HP 159800円 2019年12月4日 ハイスペック
GALLERIA GCR1650GF7 ドスパラ 109978円 2019年9月6日 家庭用ゲーム機向け・軽量
NEXTGEAR-NOTE i5350SA1-M2SH2-KK マウスコンピューター 129800円 2019年6月24日 ハイスペック
HP Pavilion Gaming 15(インテル)価格.com 限定クリエイターモデル HP 154000円 2019年9月17日 ハイスペック

 

 

 

IdeaCentre T540 ゲーミングエディション


8万円台と低価格ながら、ゲーム実況用のマシンとしてはまずまずの性能を誇ります。家庭用ゲーム機を中心にプレイするなら問題ありませんし、PCゲームの場合を遊ぶ場合でも、高いスペックを要求しないタイトルであれば十分に対応可能です。SSD+HDDの組み合わせなのも、財布に優しいです。

商品名 IdeaCentre T540 ゲーミングエディション
メーカー Lenovo
価格 86394円
重量 約6.2kg
サイズ 約145 x 303 x 366mm
筐体 タワー
CPU Core i5 9400F(Coffee Lake Refresh)
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1650
ストレージ容量 HDD:1TB、SSD:256GB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.0 Type-A/Type-C、USB3.1

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001164369/spec/#tab

 

 

GALLERIA RT5 2600搭載


こちらもコスパに優れた1台。CPUのAMDは、Intelの製品に比べてゲームに不向きといわれることもありますが、家庭用ゲーム機が中心であれば問題はなく、推奨動作環境が高くないPCゲームなら十分にプレイできるでしょう。

商品名 GALLERIA RT5 2600搭載
メーカー ドスパラ
価格 93478円
重量 約8.2kg
サイズ 185×395×370mm
筐体 タワー
CPU AMD Ryzen 5 2600
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ容量 M.2 SSD:256GB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.1 Gen1(USB3.0)

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001228165/spec/#tab

 

 

Dell G5 ゲーミングデスクトップ フルカスタマイズ


小型の筐体のネックである冷却機能にも力を入れている、コンパクトボディのゲーミングデスクトップPC。置き場を選ばず設置できることは、このマシンの特徴の1つです。
10万円を切る価格も魅力ですが、プレイするゲームによっては、メモリの容量やストレージの種類がネックになる可能性も。PCゲームを中心に実況したい方は、有料のオプションでアップグレードするか、別のマシンを選ぶのがおすすめです。

商品名 Dell G5 ゲーミングデスクトップ フルカスタマイズ
メーカー Dell
価格 94980円
重量 約7.6kg
サイズ 367×169×308mm
筐体 省スペース
CPU Core i5 9400(Coffee Lake Refresh)
メモリ 8GB
GPU GeForce GTX 1650
ストレージ容量 HDD:2TB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、USB3.1 Gen1(USB3.0)、USB3.1 Type-C

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001191114/spec/#tab

 

 

LEVEL-M0B4-R73X-RVS [Windows 10 Home]


LEVEL-M0B4-R73X-RVSを手掛ける「iiyama」は、世界中から評価されている液晶モニターブランド。国内生産にこだわり、優れた品質とコストパフォマンスを実現しています。価格が10万円を超えてくると、CPUやGPUの性能がよくなる傾向にあるほか、メモリとストレージ容量も増えてきます。
本製品はHDDが付いていないので、ゲームを録画して編集をしっかり行いたいという方は、購入を検討するといいでしょう。

商品名 LEVEL-M0B4-R73X-RVS [Windows 10 Home]
メーカー Iiyama
価格 115478円
サイズ 約190×410×356mm
筐体 タワー
CPU AMD Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1650 SUPER
ストレージ容量 SSD:480GB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.1 Gen1(USB3.0)、USB3.1

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001228902/spec/#tab

 

 

NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK


マウスコンピューター製のNEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KKは、価格.com限定のモデル。最新のCPUとミドルクラスのGPUを搭載しており、性能のバランスが良好です。さらに、メモリが16GB搭載されており、多くのゲームを問題なくプレイできます。ストレージが、SSD+HDDのデュアルストレージなのもおすすめのポイントです。

商品名 NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK
メーカー マウスコンピューター
価格 129800円
重量 約10.8kg
サイズ 188.8×410.5×400mm(※突起部含む)
筐体 タワー
CPU Core i7 9700(Coffee Lake Refresh)
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1660
ストレージ容量 HDD:2TB、SSD:256GB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.1 Gen1(USB3.0)、USB3.1

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001163502/spec/#tab

 

 

ROG Strix GL10CS (GL10CS-I5G1660T)


性能はもちろん、デザインにも特にこだわっているのが、ASUSのROG Strix GL10CS。前面にはLEDを搭載しており、好みの色や光りかたに設定して光らせることができます。さらに、対応するマウスやキーボード、ヘッドセットなどと、光りかたを同期させる「Aura Sync機能」も搭載。

GL10CS-I5G1660Tを含む4つのモデルが用意されており、プレイしたいゲームや予算に応じて自分に合ったモデルを選べます。

商品名 ROG Strix GL10CS (GL10CS-I5G1660T)
メーカー ASUS
価格 133800円
重量 約8.0kg
サイズ 180×430×428mm
筐体 タワー
CPU Core i5 9400F(Coffee Lake Refresh)
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1660Ti
ストレージ容量 SSD:512GB
OS Windows 10 Home 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.1 Gen1(USB3.0)

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001191011/spec/#tab

 

 

OMEN Obelisk Desktop 875-0200(AMD)価格.com 限定アドバンスプラスモデル


HPが展開するミドル&ハイエンドブランド、「OMEN by HP」のマシンで価格.comの限定モデル。高価な値段に見合った、ハイスペックのCPUとGPUを搭載しており、3DのゲームやVRのゲームが楽しめます。メモリやストレージの容量も、初期の搭載量で問題ないでしょう。予算に余裕がある方は、このモデルのようなワンランク上のマシンの購入も検討してみてください。

商品名 OMEN Obelisk Desktop 875-0200(AMD)価格.com 限定アドバンスプラスモデル
メーカー HP
価格 159800円
重量
サイズ 約165×390×436mm
筐体 タワー
CPU AMD Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
GPU Radeon RX 5700 XT
ストレージ容量 HDD:2TB、SSD:256GB
OS Windows 10 Pro 64bit
インターフェース HDMI端子、DisplayPort、USB3.1 Gen1(USB3.0)、USB3.1 Gen2Type-A/Type-C

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001216485/spec/#tab

 

 

GALLERIA GCR1650GF7


ここからは、ゲーム実況にも使える、ゲーミングノートPCを紹介します。最初にセレクトしたのは、ドスパラで人気のGALLERIA GCR1650GF7。家庭用ゲーム機の配信なら、これ1台で十分にこなせますし、PCゲームも画質を落とせばプレイできるでしょう。約2kgと軽量で持ち運びやすく、仕事などでも大活躍してくれます。

商品名 GALLERIA GCR1650GF7
メーカー ドスパラ
価格 109978円
重量 約2.03kg
サイズ 360×245×26.4mm
CPU 第9世代 インテル Core i5 9300H(Coffee Lake Refresh)2.4GHz/4コア
メモリ 8GB
GPU GeForce GTX 1650 + Intel UHD Graphics 630
ストレージ容量 M.2 SSD:512GB
OS Windows 10 Home 64bit
画面サイズ 15.6インチ
画面種類 液晶
解像度 フルHD (1920×1080)
インターフェース HDMIx1、miniDisplayPortx2、USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-Ax2/Type-Cx1、SDスロット
駆動時間 6.5時間

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001187572/spec/#tab

 

 

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1-M2SH2-KK


NEXTGEAR-NOTE i5350SA1-M2SH2-KKは、マウスコンピューターが手掛ける価格.comの限定モデルです。先ほど紹介したドスパラのマシンと比べて高価ですが、そのぶんCPUの性能とメモリやストレージ容量が勝っています。プレイしたいPCゲームに応じて、購入するマシンを選ぶようにするといいでしょう。

商品名 NEXTGEAR-NOTE i5350SA1-M2SH2-KK
メーカー マウスコンピューター
価格 129800円
重量 2.5kg
サイズ 364.5×25.5x258mm
CPU 第9世代 インテル Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)2.6GHz/6コア
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1650 + Intel UHD Graphics 630
ストレージ容量 HDD:1TB、M.2 SSD:256GB
OS Windows 10 Home 64bit
画面サイズ 15.6インチ
画面種類 液晶
解像度 フルHD (1920×1080)
インターフェース HDMIx1、miniDisplayPortx1、USB3.1 Gen1(USB3.0)x1、USB3.1 Type-Ax1/Type-Cx1、SDスロット
駆動時間 9.6時間

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001168554/spec/#tab

 

 

HP Pavilion Gaming 15(インテル)価格.com 限定クリエイターモデル


最後に紹介するHPのマシンも、価格.comの限定モデルになります。ベーシック、スタンダード、パフォーマンス、クリエイターと4つのモデルがある中で、クリエイターは最高の性能を誇るマシン。ゲームのプレイや配信はもちろん、GeForce GTX 1660Ti Max-Q DesignクラスのGPUがあれば、動画編集も手軽に行えるはずです。

商品名 HP Pavilion Gaming 15(インテル)価格.com 限定クリエイターモデル
メーカー HP
価格 154000円
重量 2.355kg
サイズ 360×25.5x256mm
CPU 第9世代 インテル Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)2.6GHz/6コア
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1660Ti Max-Q Design
ストレージ容量 HDD:1TB、M.2 SSD:256GB
OS Windows 10 Home 64bit
画面サイズ 15.6インチ
画面種類
解像度 4K(3840×2160)
インターフェース HDMIx1、USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-Ax3/Type-Cx1、SDスロット
駆動時間 7時間

購入サイト:https://kakaku.com/item/K0001191996/spec/#tab

 

 

まとめ

ゲーム実況用のパソコンは、プレイしたいゲームと快適さをどこまで求めるかによって、購入するクラスが変わってきます。性能が高いマシンがあったほうが便利ですが、家庭用ゲームを中心にプレイするなら、宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。予算と相談しながら、自分がどのゲームをプレイし実況したいのかをよく考えて、マシンを選ぶようにしてください。

 

 

 


VTuberの年収は?多い人はいくら?気になるお金の事情を調査!
VTuberが動画を収益化する条件!切り抜き動画や収益化停止問題についても解説
VTuberの中の人一覧~プロの声優から一般人まで様々!顔バレした人も?
VTuberにおすすめのWEBマイク10選~配信用マイクの選び方
BACK TO LIST