• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    ARに必須なものといえば「ゴーグル」。でもVRとは違って、ARのゴーグルは知名度の高い定番品がまだ無いのが現状です。

    この記事では「スマホ型」「ゴーグル型」「メガネ型」の3種類に分けて、現在ARを体験できるゴーグルを紹介しています。ただ、自宅で気軽にARを楽しみたいなら、今のところはスマホ一択です!
CATEGORY
VR

ARの初心者のススメ!これさえ読めばARマスターへの第一歩!4つのポイント その④ARを家で体験するのに必要な機材、コスト

  • DATE
    2018.11.06
  • WRITTEN BY
    あらびき

パソコン工房LEVEL∞ LEVEL-M066-124-SAX

194,980円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

パソコン工房ならお買い上げ後の保証・修理もバッチリ!24時間365日の電話サポートに加え、全国約70拠点の店舗展開だから充実した対面サポートも可能。1年間の無料保証のほか、安心の3年保証も選択可能。出張でサポートを受けられる各種オプションもご用意。

 

>> 関連記事 : ARの初心者のススメ!これさえ読めばARマスターへの第一歩!4つのポイント その③ARでできること(映画、ゲーム、スポーツなど)


  • パソコン工房

    LEVEL-M066-124-SAX


    ・価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!
    ・ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

  • arkhive

    GN-I7G37R


    ・MSI製ハイクオリティパーツ採用の『POWERED BY MSI』PC!
    ・WQHDでのゲームプレイを想定したバランス重視のゲーマー向け!

  • ストーム

    PG-PD12


    ・抜群のエアフローケースで冷却&1200W Platinum電源を採用した高性能RTX3080モデル

  • ZEFT

    G27JX


    ・4Kやレイトレに対応するRTX3080搭載。
    ・自分史上最高のゲーム環境で、ゲームの世界を体感しよう。

  • arkhive

    GL-I9G39R


    ・優れた拡張性とエアフローのFractal Design製ケース採用!
    ・NVMe Gen4 SSDデュアル搭載に加え、DDR5メモリー搭載した高速スペック

2018年現在はスマホでARを体験するのが手っ取り早い

  • まだAR専用のゴーグル、グラスは充実していない

残念ながら、VRとは違ってARでは一般向けゴーグルやグラス(メガネ型ゴーグル)はあまり充実していません。発売されていても非常に高額だったり、ARコンテンツ開発者向けだったりと、ちょっと普通の人が手を出すのには敷居が高いのが現状です。

 

  • 現状ではスマホが最強のAR端末機材

2018年現在で最強のAR端末は「スマホ」でしょう。誰もが持っているスマホでARの魅力は十分に体験することができます。ポケモンGOのようにスマホを手に持って楽しむタイプが一般的ですが、どうしても手がふさがってしまうのが難点。VRゴーグルのようにハンズフリーには使えません。一方でスマホをゴーグルのように使うARも徐々に登場しています。代表例がいわゆるビームを打ち合うHadoというARスポーツです。iPhoneをスキーゴーグルのようなものに設置して、肉眼ではなくiPhoneのディスプレイを通して周囲を確認します。iPhoneカメラで現実世界を映しだし、そこにARで表現された「波動」を重ね合わせているのです。

 

  • 無理にコストをかけずまずはスマホでARを体験しよう

現在のARの主流機材は誰もがすでに所持しているスマホです。無理に費用をかけずに、スマホでARを手軽に体験してみることをおすすめします。VRのように本格的なゴーグルが欲しい! という人は次から紹介するゴーグル型をどうぞ!

 

 

 

HMDタイプの本格的なARゴーグル

  • 費用は高いけど本命? マイクロソフトHoloLens

マイクロソフトHoloLensは本格的なARゴーグルです。現状はAR開発エンジニア向けに販売されているため、一般の人はなかなか手に入れにくいかもしれません。価格も非常に高く、Amazonで売られている並行輸入品は40万円を軽く超えてしまいます。なぜこれほどまでに高くなってしまうのでしょうか?ARゴーグルはVRと違って透過型にしなければいけません。ディスプレイ越しに現実世界を見られるようにした上で、さらにそこに映像を重ね合わせるという技術的な障壁の高さから、どうしてもVRゴーグルよりもコストが高くなってしまいます。なお、マイクロソフトHoloLensは単体でWindows10を搭載、GPUなども内蔵されているためにPCが必要ないスタンドアローン式です。

 

  • その他のHMDタイプのARゴーグル

その他のARゴーグルもあまり一般向けには発売されていません。

・Meta Meta2

日本円で10万円ほどの価格で開発者向けに発売されているのがMeta Meta2です。マイクロソフトHololensと同様に透過型のディスプレイを搭載しています。他にもいくつかのARゴーグルが存在しますが、VRのようにゴーグルタイプが10万円以下の普及価格帯となるにはしばらく時間がかかるでしょう。

 

 

 

メガネタイプのARゴーグル

  • GoogleGlassが切り開いたメガネタイプAR

今は生産中止となってしまった「GoogleGlass」はある意味ARゴーグルの先駆けでしょう。ゴーグルというよりもメガネといった方が正しい形状ですが、このような簡易的な形式の方がARには向いているのかもしれません。

 

  • その他のメガネタイプのARゴーグル(スマートグラス)

GoogleGlass以降もいくつかのメガネタイプARが登場しています。

・Telepathy Walker…道案内に特化したスマートグラス

・Vuzix M100 Smart Glassses…GoogleGlassと同様にメガネのレンズに映像を映し出すタイプ

 

このようなメガネタイプは業務用途に使われることが想定されており、一般向けにはあまり発売されていません。

>> 関連記事 : VRの初心者のススメ!これさえ読めばVRマスターへの第一歩!4つのポイント その① 今さら聞けないVR系 VRって何?VRとは?

 

 

 

まとめ

以上、「ゴーグル」を中心としてARを体感するために必要な機材を解説してみました。現状ではスマホが圧倒的にAR向けゴーグルとして使われており、本格的なゴーグルやメガネ型(スマートグラス)において、一般向けの定番品は存在しない状況です。全体的に「コンセプト製品」といった感じで、実用的なものはあまりありません。注目が集まるマイクロソフトHoloLensも費用が40万円以上と、簡単に手が出るレベルではありませんので、今のところはスマホを使って手軽にARを楽しむと良さそうですね!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-M066-124-SAX

Core i5-12400 RTX 3060 Ti 8GB 16GB 500GB NVMe 700W BRONZE
arkhive

GN-I7G37R

Core i7-12700KF RTX 3070 16GB 1TB+1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PD12

Core i7-12700 RTX 3070 16GB 1TB 1200W 80PLUS Platinum
ZEFT

G27JX

Core i7-12700 RTX 3080 500GB 1TB 750W GOLD
arkhive

GL-I9G39R

Core i9-12900KS RTX 3090 Ti 32GB 1TB+2TB 1000W Platinum

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ