DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    VR / Mixed Reality
  • TITLE
    ここからはVRoid Studioで作成した3Dキャラクターモデルにアクセサリーを追加する方法を紹介します。
CATEGORY
VR / Mixed Reality

ここからはVRoid Studioで作成した3Dキャラクターモデルにアクセサリーを追加する方法を紹介します。

>> 関連記事 : VRoid Studioを用いて最新技術xRを体験!さらなるカスタマイズをしてクオリティを高めよう!

■ 3Dキャラクターモデルのアクセサリーをモデリングする

  • 何故Blenderを使ってアクセサリーをモデリングするのか

VRoid Studioというツールが登場したことで、誰でも簡単に、人型の3Dキャラクターモデルを作成することができるようになりました。

しかし、VRoid Studioには指輪やネックレスのようなキャラクターのアクセサリーを作成、追加する機能はありません。

 

そこで Blender という3Dモデリングソフトと Unity という3Dアプリケーションの開発ソフトを使って、VRoid Studioで作成した3Dキャラクターモデルに自作のアクセサリーを追加する手順を紹介します。

・Blender

・Unity

 

  • 実際にメガネのモデリングを行ってみる

本記事は Blender でメガネの3Dモデルを完成させるところまでの手順をご紹介します。

3Dモデリングソフトは難しいイメージがあるかもしれません。実際のところ、多くの機能があるため、一から全てを学ぶのは非常に難しいツールとなります。しかし、アクセサリーを作成するだけならば何も全ての機能を覚える必要はありません。

今回はキャラクターにメガネを追加するまでの作業を一例としてまとめます。

必要な作業に絞って手順を1つずつ書き出しますので、順を追って試してみてください。

>> 関連記事 :Blenderで3Dキャラクターモデルのアクセサリーを作成する!Blenderのインストールから初期設定まで!

■ モデリングを完了するまでの流れ

本記事の全体の流れは以下のようになります。

1章 Blender のインストール

2章 Blender の画面の名称とカメラ操作

3章 プロジェクトの初期設定

4章 メガネのモデリング その1(下絵の設定)

5章 メガネのモデリング その2(メッシュの追加とBlenderの基本操作)

6章 メガネのモデリング その3(ミラーモディファイアの設定)

7章 メガネのモデリング その4(メガネの輪郭作成)

8章 メガネのモデリング その5(レンズの切り抜きとテンプルの押し出し)

9章 メガネのモデリング その6(厚み付けと微調整)

10章 メガネのモデリング その7(レンズ部分の作成)

11章 メガネの着色 その1(フレーム部分の着色)

12章 メガネの着色 その2(レンズ部分の着色)


BACK TO LIST