• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    ここからはVRoid Studioで作成した3Dキャラクターモデルにアクセサリーを作成する方法、メガネのモデリング、レンズの切り抜きとテンプルの押し出しです!
CATEGORY
VR

Blenderで3Dキャラクターモデルのアクセサリーを作成する8章 メガネのモデリング(レンズの切り抜きとテンプルの押し出し)

  • DATE
    2019.05.30
  • WRITTEN BY
    ホロモン

パソコン工房LEVEL∞ LEVEL-M066-124-SAX

194,980円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

パソコン工房ならお買い上げ後の保証・修理もバッチリ!24時間365日の電話サポートに加え、全国約70拠点の店舗展開だから充実した対面サポートも可能。1年間の無料保証のほか、安心の3年保証も選択可能。出張でサポートを受けられる各種オプションもご用意。

>> 関連記事 :Blenderで3Dキャラクターモデルのアクセサリーを作成する 6章 / 7章 メガネのモデリング その 3 + 4(ミラーモディファイアの設定 / メガネの輪郭作成)


  • パソコン工房

    LEVEL-M066-124-SAX


    ・価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!
    ・ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

  • arkhive

    GN-I7G37R


    ・MSI製ハイクオリティパーツ採用の『POWERED BY MSI』PC!
    ・WQHDでのゲームプレイを想定したバランス重視のゲーマー向け!

  • ストーム

    PG-PD12


    ・抜群のエアフローケースで冷却&1200W Platinum電源を採用した高性能RTX3080モデル

  • ZEFT

    G27JX


    ・4Kやレイトレに対応するRTX3080搭載。
    ・自分史上最高のゲーム環境で、ゲームの世界を体感しよう。

  • arkhive

    GL-I9G39R


    ・優れた拡張性とエアフローのFractal Design製ケース採用!
    ・NVMe Gen4 SSDデュアル搭載に加え、DDR5メモリー搭載した高速スペック

8章 メガネのモデリング(レンズの切り抜きとテンプルの押し出し) 

  • 8-1章 レンズ部分を切り抜く

次にレンズ部分の切り抜きとテンプル部分の押し出しを行い、形を作り込んでいきます。今のままではレンズ部分にも面があるので、レンズ部分を切り抜きます。ナイフツールを利用することで任意の位置に切り込みを入れることができます。

[Kキー] を押すとナイフツールが有効になり、カーソルの形が変わります。切り込みを入れたい辺の位置で[左クリック]することで切り込みが入ります。そのままレンズの部分をなぞるように[左クリック]で切り込みを入れていきます。

切り込みを入れたら[Enterキー]で変更を確定します。

同じようにレンズの下側にもナイフツールで切り込みを入れます。

最後にレンズ部分の面を削除します。頂点ではなく面を選択する必要があるため、[面選択モード]にモードを切り替えます。[3Dビュー]ウィンドウのメニューの右側にアイコンがあるので、これを左クリックします。もし見えない場合はメニュー上で[ホイール]操作を行ってメニューをスクロールしてみてください。

[面選択モード]でレンズ部分の面を選択します。頂点と同様、[Shiftキー]を押しながら[右クリック]することで複数選択が可能です。面を選択した状態で[DELキー]で削除メニューを開いて[面]を削除します。

面を削除して切り抜いたら、内側の頂点も下絵に合わせて輪郭を調整します。頂点を選択する場合は[頂点選択モード]のアイコンを左クリックして、モードを[頂点選択モード]に戻す必要があります。

>> 関連記事 :Blenderで3Dキャラクターモデルのアクセサリーを作成する

  • 8-2章 テンプル部分を作成する

正面の輪郭は完成したので、次に側面からメガネのテンプル部分を作成します。ここでは新たな面を作成する「押し出し」という機能を利用します。端の部分を押し出して、テンプルの面を作成します。辺を選択する必要があるため、[辺選択モード]にモードを切り替えます。先ほどの[面選択モード]の隣にアイコンがあるので、これを左クリックします。

[辺選択モード]でメガネの端の辺を選択します。Y軸方向に押し出すので、右下の側面視点の[3Dビュー]ウィンドウを右クリックして操作ウィンドウを切り替えます。押し出しは[Eキー]で利用できます。[Eキー] → [Yキー] を押し、マウス操作を行ってY軸方向に辺を押し出します。

辺を押し出したら[左クリック]または[Enterキー]で変更を確定します。

後は正面から輪郭を型取ったときと同じ手順で、面をループカットして横方向からの輪郭を形取ります。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-M066-124-SAX

Core i5-12400 RTX 3060 Ti 8GB 16GB 500GB NVMe 700W BRONZE
arkhive

GN-I7G37R

Core i7-12700KF RTX 3070 16GB 1TB+1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PD12

Core i7-12700 RTX 3070 16GB 1TB 1200W 80PLUS Platinum
ZEFT

G27JX

Core i7-12700 RTX 3080 500GB 1TB 750W GOLD
arkhive

GL-I9G39R

Core i9-12900KS RTX 3090 Ti 32GB 1TB+2TB 1000W Platinum

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ