• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    自作PCは予算3万円台から構築が可能ですが、予算を5万円まで上げた場合、どのようなスペックのPCを作れるのか?追加の2万円はどこに投資するべきなのでしょうか?
    5万円ですべてのパーツをグレードアップさせることは不可能なので、現実的には、用途に応じて1点の性能を尖らせることになるでしょう。そのためには、パーツそれぞれが持つ役割を把握しなければいけません。こちらでは、パーツそれぞれの役割、用途に合わせた作例を紹介していきます。
CATEGORY
初めての自作

予算5万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択のコツ

自作PCは予算3万円台から構築が可能ですが、予算を5万円まで上げた場合、どのようなスペックのPCを作れるのか?追加の2万円はどこに投資するべきなのでしょうか?
5万円ですべてのパーツをグレードアップさせることは不可能なので、現実的には、用途に応じて1点の性能を尖らせることになるでしょう。そのためには、パーツそれぞれが持つ役割を把握しなければいけません。こちらでは、パーツそれぞれの役割、用途に合わせた作例を紹介していきます。

 

自作PC作成に必要なパーツ

自作PCを動作させるためには、以下のようなパーツが必要になります。

 

CPU

パソコンの頭脳にあたるパーツで、データの処理スピードを決定付けます。高性能なCPUほどアプリケーションの処理速度が上がり、快適にPCを扱えるようになります。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

周辺機器を整備する場合は5,000円台で買えるCeleron G4930やAthlon 200GEが鉄板です。ゲームや画像編集を行いたい場合は1万5,000円から2万円前後のRyzen 5 2600やCore i5 9400Fなども選択肢に入ってきます。

 

 

マザーボード

各種パーツを接続するための基盤となるパーツです。マザーボード側の接続端子によって使用できるパーツが逆算的に決まるので、構成を決める際の基準となります。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

まずはCPUに対応したソケットやチップセットを搭載したものを探し、符合したものから安いものを選びましょう。MicroATX規格のものでれば、6000円前後の予算で探せます。

 

 

メモリ

CPUやGPUが処理を行う際、必要なデータを一時的に保管しておくための作業空間を提供するパーツです。同時に複数のアプリケーションを起動して処理を行いたい場合には、より多くのメモリが必要になります。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

半導体の価格変動に大きく左右されるパーツです。8GBあればある程度は快適な環境を構築可能で、現在は5,000円前後で8GBのメモリを確保できます

 

 

GPU

3Dグラフィックスなどの画像処理に特化したパーツで、高性能なものほどグラフィックスの処理性能が高くなります。一般的にはグラフィックボードに搭載されているものを使用しますが、CPUやマザーボードが内蔵している場合もあります。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

Radeon RX 570が1万5000円ほどで購入可能なので、ゲームをプレイしたいならこの辺りの価格帯が狙い目でしょう。ゲームを遊ばないのであれば、内蔵GPUに頼ることで一切お金をかけないという方法もあります。

 

 

SSD

データの保管庫にあたるパーツの一種です。HDDに比べるとデータ転送速度が速い反面、容量が少なめなことが特徴です。SSDにOSやアプリケーションをインストールすると、PCやアプリケーションの起動を高速化できます。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

ここ数年で一気に価格が下落したパーツで、手に入れやすくなっています。現在は低容量であれば3000円ほどで250GBの高速ストレージを確保できます。

 

 

サブストレージ(HDD)

データの保管庫にあたるパーツの一種です。SSDに比べるとデータ転送速度は劣りますが、容量が多いことが特徴です。動画や画像など、大容量のデータを保管するのに便利です。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

現在は6000円前後で2TBの大容量を確保できます。とはいえ、OSをインストールするために使用するストレージとしてはSSDが優れているため、HDDは後日の増設枠に回しましょう。

 

 

PCケース

PCを構成するパーツを収めるためのケースです。マザーボードにはいくつかの規格があるので、それに合わせたものを購入しましょう。基本的に大きな規格(ATX)に合ったものは、より小さな規格(MicroATX)にも対応しています。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

ケースの規格がマザーボードに合ってさえいれば問題ありません。予算5万円では機能にこだわる余裕はないので、可能な限り安いものを選びましょう。

 

 

CPUクーラー

発熱するCPUを冷却するためのパーツです。高性能CPUほど発熱量も多い傾向にあり、しっかりと放熱が行われないとパーツの耐用年数が短くなってしまいます。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

5万円で構成する以上、CPUは比較的安価なものを選択することになります。安価なものは発熱量も少ない傾向にあるため、CPUに付属しているクーラーを利用して問題ありません

 

 

電源ユニット

CPUやSSDなどのパーツに電力を供給するパーツです。各パーツには必要な電圧が決まっており、パーツに合わせて電圧を調整することも電源の役割になります。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

電源ユニットには、電力変換効率の性能を示す「80PLUS」と呼ばれる規格があり、同規格内には6つのグレードが存在しています。大きな電力を必要とする構成ほど高いグレードの電源ユニットが力を発揮する仕組みとなります。今回はBRONZEグレードで500W以上の出力を持つ電源の中から安いものを探してみましょう。

 

 

OS

PCを動かすためのアプリケーションです。現状では、もっとも安価で入手できるWindows 10 Home 64bitほぼ一択でしょう。DSP版(パーツとセットで購入し、セットにしたパーツが組み込まれている構成でのみ機能する)を使用すれば3000円ほど価格を抑えられますが、その場合はバンドルするパーツを中長期的に変更しない前提で設定しましょう。

  • 5万円の自作PCへのおすすめ

Windows 10 Home 64bitは1万6000円から2万円ほどで購入できます。

 

また、PCケースやCPUクーラー、その他の周辺機器などは、手持ちのPCから流用することが可能です。特にキーボードやモニタなどの周辺機器は、PC本体が壊れて動かなくなってしまっている場合でも問題なく機能する場合が多いので、流用できるパーツは流用して、ほかのパーツの購入資金に回しましょう。

>> 関連記事 :自作PC作成時に必要なパーツの用途と選び方

 

 

予算5万円の自作PCのおすすめ構成例

予算5万円では、あらゆる方面で活用できる万能PCの構築は難しいといわざるを得ません。いずれかのパーツに予算を集中させる形になるので、PCの使用用途と優先順位を明確化し、それに合わせたパーツ選びが重要になります。

 

実際に予算5万円で自作PCを作ったらどうなるのか、いくつか例を挙げて具体的に考えてみましょう。

 

  • 軽いゲームもOKなサクサク動く自作PC
  • クリエイター向けコスパ最高の自作PC
  • 手軽に作れる小型のベアボーン自作PC

 

なお、ほぼ価格が固定されているOSの予算は構成から省略し、かわりに代替えが利くモニタやキーボードなどの周辺機器の価格を表記しています。これらの周辺機器を流用できる場合は、構成例に多少の追加投資を行うことでOS込みの自作PCを構築できます。

 

 

①軽い3DゲームもOKなサクサク動く自作PC

まずは、軽めのゲームを遊んでみたい人に向けた自作PCの構成例です。流行りのブラウザゲームや、軽量の3Dゲームであれば、問題なく動作する性能を有しています。

自作PC構成例

 CPU  AMD「Ryzen 5 2600」
(6コア/12スレッド、定格3.9GHz)
 参考価格 15,070円(税抜)
 メモリ  Panram「W3U1600PS-4G」
(DDR3 4GB 2枚組)
 参考価格 3,520円(税抜)
 マザーボード  ASRock「A320M-HDV R4.0」  参考価格 5,690円(税抜)
 GPU  SAPPHIRE「PULSE RX 570 8G G5」  参考価格 13,838円(税抜)
 電源ユニット  玄人志向「KRPW-N600W/85+」
(80PLUS BRONZE 600W)
 参考価格 5,236円(税抜)
 SSD  トランセンド「TS128GSSD230S」
(128GB Serial ATA 6Gb/s)
 参考価格 3,330円(税抜)
 PCケース  Thermaltake「Versa H17」(microATX)  参考価格 2,900円(税抜)
 モニタ  AOC「E2180SWDN/11」(20.7インチ)  参考価格 8,120円(税抜)
 キーボード・マウス  バッファロー「BSKBW100SBK」
(キーボード・マウスセット商品/無線)
 参考価格 1,800円(税抜)
 総額  59,504円

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

特筆すべき点は、やはりCPU「Ryzen 5 2600」とGPU「PULSE RX 570 8G G5」の採用でしょう。最初に可能な限り費用を抑えて構成を組み上げてから、残った金額をすべてCPUとGPUに投資することで、高品質な3Dゲームの動作にも耐えうる性能を確保しました。

グラフィックス表示設定を調整すれば、人気のバトルロイヤルゲーム「PlayerUnknown’s BattleGrounds」も快適に楽しめるでしょう。

 

自作PCの性能

よほどの高性能を求められるゲームでなければ、大半はサクサク動作する性能を持っています。しかしストレージは128GBしか用意できていないため、使用を続けていればすぐに容量がいっぱいになってしまうことも考えられます。ゲーム以外の目的に使用する場合は、後から大容量HDDや、メモリを増設する必要があります。

 

 

②クリエイター向けコスパ最高の自作PC

画像編集や動画編集を行いたいクリエイターに向けて、IllustratorやPhotoshopといったソフトウェアを快適に運用できる、コスパ重視の自作PC構築例を考えてみました。

 

自作PC構成例

 CPU  AMD「Athlon 200GE」
(2コア/4スレッド、定格3.2GHz)
 参考価格5,790円(税抜)
 メモリ  G.Skill「F4-3600C19D-16GSXWB」
(DDR4 8GB 2枚組)
 参考価格8,640円(税抜)
 マザーボード  ASRock「A320M-HDV R4.0」  参考価格5,690円(税抜)
 GPU  SAPPHIRE
「 PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5」
 参考価格11,364円(税抜)
 電源ユニット  玄人志向「KRPW-N500W/85+」
(80PLUS BRONZE 500W)
 参考価格4,715円(税抜)
 SSD  CFD「CSSD-S6B480CG3VX」
(480GB Serial ATA 6Gb/s)
 参考価格5,478円(税抜)
 PCケース  Thermaltake「Versa H17」
(microATX)
 参考価格2,900円(税抜)
 モニタ  AOC「E2180SWDN/11」
(20.7インチ)
 参考価格8,120円(税抜)
 キーボード・マウス  バッファロー「BSKBW100SBK」
(キーボード・マウスセット商品/無線)
 参考価格1,800円(税抜)
 総額  57,442

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

クリエイター向けPCは大容量のデータを一度に取り扱うため、ある程度のグラフィック処理能力に加えて、最低でも16GBのメモリを確保する必要があります。そのために低価格なCPU「Athlon 200GE」を採用し、全体の価格を抑えることに成功。また、ストレージには480GBのSSDを採用することで、データの保存や移動のストレスを低減しています。

 

自作PCの性能

IllustratorやPhotoshopでの画像編集に加えて、簡単な動画編集は問題なく行える性能を有しています。低価格CPU「Athlon 200GE」は、より高規格のRyzenシリーズと同じSocket AM4に対応しているため、処理速度に不満が出てきたら後から交換することも可能です。

 

 

③手軽に作れる小型のベアボーン自作PC

最初から最後まで自分の手でPCを組み上げる自信がない、という自作PC初心者におすすめのスタイルが「ベアボーンキット」を活用した省スペース自作PCです。PCケースとマザーボードが最初からセットで入っているベアボーンキットは、規格に合ったパーツをそろえて組み込むだけで、お手軽にPCを作れます。

 

自作PC構成例

 CPU  AMD「Ryzen 3 3200G」
(4コア/4スレッド、定格3.6GHz)
 参考価格1,2980円(税抜)
 ベアボーンキット  DeskMini A300  参考価格17,334円(税抜)
 メモリ  Panram「D4N2666PS-8G」
(DDR4 8GB 1枚組)
 参考価格4,141円(税抜)
 SSD  CFD「CSSD-S6B01TMG4VT」
(1TB Serial ATA 6Gb/s)
 参考価格13,067円(税抜)
 モニタ  AOC「E2180SWDN/11」
(20.7インチ)
 参考価格8,120円(税抜)
 キーボード・マウス  バッファロー「BSKBW100SBK」
(キーボード・マウスセット商品/無線)
 参考価格1,800円(税抜)
 総額  54,497円

※価格は販売時期や店舗によって異なります

 

ベアボーンキット「DeskMini A300」を採用することで、PC全体の省スペース化(80x155x155 mm)をはかると同時に、PCケース、マザーボード、電源ユニットをまとめて17,334円に抑えることができました。浮いた予算で大容量のSSD「CSSD-S6B01TMG4VT」を採用しているため、カスタマイズをせずとも容量不足に悩まされることなく運用が可能です。

 

自作PCの性能

Microsoft Officeなどを使用したワークスペースとしての利用や、Youtubeの視聴などを行うための家庭用PCとしては十分な性能を持っています。SSDを低用量のものに差し替えつつ、CPUを「Athlon 200GE」に変更すれば合計3万円強で完成させることも可能です。

ただし、グラフィック処理性能は「Ryzen 3 3200G」の内蔵GPUに任せる形になっていますので、負荷の大きい3Dゲームのプレイは難しいでしょう。

>> 関連記事 :予算10万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択と性能

 

まとめ

それぞれ用途は限定されてしまうものの、5万円あれば目的に合わせたPCを組み上げられることが分かりました。何よりも重要なのは、これから作り上げるPCの使い道を事前にしっかりと具体化して、それに必要な性能を確保することです。予算が事前に決まっているのであれば、逆算的に構成が決まっていくことでしょう。

こちらで紹介した構成例や、各パーツの用途を参考にして、自分だけのPCを組み上げてみてください。


BACK TO LIST