• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    パーツの選び方・今回は「CPUクーラー」です。以前はCPUに純正のCPUクーラーがほとんど付属していましたが、現在それが一部CPUのみになり、CPUクーラーを選ぶ機会が増えました。種類も多いCPUクーラー、その違いと選び方をご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

「はじめて自作」第22回 これさえ見ておけばお店でも安心!初めての自作で知っておくべきパーツのポイント – CPUクーラー編

  • DATE
    2018.08.27
  • WRITTEN BY
    せれろんやまだ

>> 関連記事 :「はじめて自作」第21回 これさえ見ておけばお店でも安心!初めての自作で知っておくべきパーツのポイント – CPU編

CPUを冷やすための「CPUクーラー」には、CPUに付属しているCPUメーカー純正のものや、他メーカーがクーラー単体で販売しているもの、そして冷却方法の違いなど色々な種類があります。それぞれの特徴をしっかり押さえて、最適なCPUクーラーを見つけましょう。

 

冷却方法は大きく「空冷」と「水冷」の2つ

CPUクーラーの冷却方法には、大きくわけて「空冷」と「水冷」の2つがあります。それぞれ読んで字のごとく、前者は「空気の循環を使って冷却」し、後者は「冷却水を使って冷却」します。

 

・空冷タイプのCPUクーラー

ファンとヒートシンクを使って冷却するタイプのCPUクーラーです。ファンが上部についている「トップフロー型」と、横についている「サイドフロー型」があります。トップフロー型は、広い範囲に風が届き、CPUだけでなくマザーボードに取り付けられたチップセットやメモリなども冷却することができます。サイドフロー型は、パソコン内部の空気の流れ(エアフロ―)に逆らわず、ファンから空気を取り込み、CPUを冷やした後の熱い空気をケース背面のファンから排気ができます。

 

・水冷タイプのCPUクーラー

冷却液と冷却ユニット、ラジエーターを使用したCPUクーラーです。冷却ユニットをCPUに、ラジエーターをケース背面に取り付け、その間で冷却液を循環させることにより放熱します。

 

さて、空冷と水冷、どちらが冷却効果が高いのでしょうか?

結論としては、空冷でも十分な冷却効果は得られますが、水冷は外気温に左右されないため、夏場等は空冷に比べ冷却効率は高いです。ですが、水冷CPUクーラーはラジエータ等がある分価格も高くなりがちなので、予算を視野に選んでもよいかもしれません。空冷で高い冷却効果を得る場合は、CPUクーラー本体が大きいものを選ぶ場合が多いです。その場合、CPUクーラーに付属しているリテンションを使うことが多いのですが、マザーボードへの取り付けがやや複雑になります。

そして、「稼働音」です。CPUクーラーは、ファンを使う分、「音」が発生します。そのため、「ファンの音が気になる…」人は、CPUクーラーのスペック情報に記載してある、「ノイズレベル(dBA)」を確認しましょう。数字が小さければ小さいほど、音が静かです。

 

 

 

CPUメーカーと形状、クーラーの高さをしっかり確認!

CPUクーラーを選ぶときに、必ず確認しなければならないのが、「対応ソケット」です。使うCPUのソケット形状にあったCPUクーラーを必ず選びましょう。CPUクーラーの中には、専用のキットを同梱して、様々なソケットにあうようなものもあります。

次に、CPUクーラーの幅や高さを確認しましょう。サイズは、製品の外箱やホームページに書いてあります。ケースに比べてCPUクーラーのファン部分が高かったり、幅が広かったりすると、ケースが閉められなくなったり、メモリなどがうまく取り付けられなかったりします。また、マザーボードの中には、チップセットの上にヒートシンク(銀色の部品)が取り付けられているものもあり、それと干渉してしまうこともありますので、購入する前に、それぞれの製品を調べたり、わからない場合は店員さんに確認したりしましょう。

水冷CPUクーラーの場合は「ケースファンの取り付け位置の形状」も併せて確認しましょう。水冷の場合、パソコン内部の放熱をラジエーターで行いますが、このラジエーターをケースの背面ファンの部分や、ケースの天井部分に取り付ける必要があります。ラジエーターのサイズが合っていないと、ケースに取り付けられない!という事態になってしまいますので、ケースメーカーのホームページなどを確認し、必ずその部分のサイズを確認しましょう。また、ケースの天井部分とマザーボードの端が狭いと、ラジエーターが取り付けられないということもありますので、天井部分を使用する大型水冷CPUクーラーの場合は注意しましょう。

 

 

 


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

CPUクーラー・種類ごとのまとめ

種類ごとにメリット・デメリットをまとめてみました。

自分が一番重要視するところはどこか、をポイントに選ぶとよいかもしれませんね。逆にケースを重要視する方は、ケースに入るかどうか、サイズから選んでいくとよいかもしれません。

>> 関連記事 :「はじめて自作」第23回 これさえ見ておけばお店でも安心!初めての自作で知っておくべきパーツのポイント – メモリ編

 

 

 

次回はメモリ

次回はCPUやマザーボードと合わせて確認が必要な、メモリとそのスペックの読み方と選び方をご紹介します。

 

★ オマケ:「グリス」について

CPUクーラーを取り付ける際に、必ず必要なのが「グリス」。このグリスは、CPUから発せられた熱を、効率よくCPUクーラー(のヒートシンク部分)に伝え、放熱するための重要なものです。グリスは、CPUクーラーに付属している場合がほとんどですが、別途グリスだけ購入することもできます。冷却性にこだわる方は、グリスの仕様にもこだわってもおもしろいかもしれませんね!グリスを塗るのが面倒!という方には「貼るタイプ」のものもあるようです。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ