• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    パソコンで作成したデータを保存しておく『補助記憶装置』。今回はその代表格の『SSD』を取り付けます。インターフェース(接続方法)によって、2種類の方法があるSSD。今回は動作速度の速い「M.2」接続のSSDを使用します!
CATEGORY
初めての自作

「はじめて自作」第11回 組み立てその⑥ -SSD編-

  • DATE
    2018.06.12
  • WRITTEN BY
    せれろんやまだ

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 : 「はじめて自作」第10回 組み立てその⑤ -メモリ編-


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

電源を切ってもデータを記録しておける『補助記憶装置』

前回紹介した、主記憶装置である「メモリ」は、パソコンの電源を切ってしまうと、そこでの作業内容が失われてしまいます。また、アプリケーション自体を終了すると、それで作業していたデータも終了してしまいます。つまり、メモリ上で作業していた内容は、そのまま何もせずにいると消えてしまうのです。そこで出番なのが『補助記憶装置』。皆さんもパソコンで作業している時に、つどつど「保存」して、データの内容を記録していると思いますが、その保存先が補助記憶装置です。

 

主記憶装置と異なり、補助記憶装置はパソコンの電源を切ってもそのデータは失われません。そのため、不測の事態でパソコンの電源が切れてしまった…、アプリケーションが終了してしまった…といった場合でも、前回保存した時点のデータを利用することができます。補助記憶装置には、「ハードディスク」や「SSD」、「光学ドライブ」などがあります。また、USBメモリなども、補助記憶装置の一種です。

 

今回は、この中の「SSD」を使用します。磁気ディスクにデータを記録するハードディスクと異なり、SSDはフラッシュメモリにデータを記録します。そのため、データ転送速度が速く、衝撃性にも強いというメリットがあります。また、ケーブルを利用するSATA接続より、マザーボードのスロットに直接接続する「M.2」接続の方が、データ転送速度がより速いです。

パソコンの利用用途で選択肢も変わる!様々な種類を搭載するのもアリ!

SSDは、速度が速いという利点はありますが、高容量帯のものがまだ少なく、価格が高いという難点があります。ハードディスクは、逆に高容量帯のものが多く、価格もお手頃です。そのため、作業用のパソコンなどでは、OSやアプリケーションなど、動作速度を重視するソフトウェアなどを、SSDに保存(インストール)し、データをハードディスクに保存するという構成がおすすめです。

動画編集や、編集したものをDVDやBlu-rayで楽しみたい、というのであれば、それらに対応した光学ドライブを搭載したり、外付けのものを選ぶと良いでしょう。逆に、ゲームだけを楽しむ、などであれば、そのゲームが使用する容量とOSが使用する容量+αを備えたSSDだけの構成、というのも良いでしょう。

 

 

 

マザーボードにSSDを取り付けよう!

今回使用するM.2 SSDは、マザーボード上の「M.2 スロット」に差し込んで接続するタイプのSSDです。M.2スロットは、接続するSSDとその規格のスロットによって、SATAポートのいずれかが使えなくなる場合がありますので、マザーボードの説明書をよく確認しましょう。今回は、「M.2_1スロット」にSSDを取り付けます。

 

 

① マザーボード上に予め取り付けられているプレートを外します*

 

 

② マザーボード上の「2280」と書いてあるネジ位置に、マザーボードに付属しているM.2固定用のネジ受けを取り付けます*

 

 

③ SSD本体の切り欠きに注意して、M.2スロットにSSDを取り付けます

 

 

④ SSD本体をマザーボード側に倒して、上部をM.2固定用のネジで固定します

 

⑤ 最初に取り付けられていたプレートを再度マザーボードに取り付けます


*お使いのマザーボードメーカーによって異なります。付属の取扱説明書を必ず確認してください。

お使いのマザーボードによっては、プレートの裏面に保護フィルムなどが貼ってありますので、確認して貼られていた場合は剥がします。

これでSSDの取り付けは終了です。

>> 関連記事 : 「はじめて自作」第12回 組み立てその⑦ -グラフィックカード編-

 

次はゲームPCには必須!の『グラフィックカード』を取り付けます。取り付け位置にさえ注意すれば、簡単に搭載できるグラフィックカード。意外と重たいので注意してくださいね!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ