• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    SNS上でこだわりのPCとその周辺環境をアップされている方に、せれろんやまだが、その「こだわり」に対して直撃インタビューする『PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビュー!あなたのこだわり語っちゃってください!』。
CATEGORY
初めての自作

PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビュー!2020 あなたのこだわり語っちゃってください!第28弾!

SNS上でこだわりのPCとその周辺環境をアップされている方に、せれろんやまだが、その「こだわり」に対して直撃インタビューする『PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビュー!あなたのこだわり語っちゃってください!』。

 

今回も、Twitter及びDigital DIYerサイトで、PCデスク周りを公開され、かつご承諾いただいた“HAL”(@HAL_Photos)さんにお話をお伺いしました。

 

HNのDigital DIYer投稿

https://digitaldiy.jp/diyer/detail/25ae1cda-d728-4779-8762-7167e6553dd7

 

シンプルなライティングのPCと、机上に整然と置かれたデュアルディスプレイ環境のHALさん。シンプルな構成ですが、壁紙の効果でしょうか?優しく暖かい雰囲気が伝わってきますね!合わせて、クリエイティブな印象にも見えます。いったいなぜでしょうか?

 

 

PCについておうかがいします!

 

HALさんがお使いのPCスペックは以下の通りです。

CPU Corei7 8700k
グラフィックカード GTX1080
メモリ 16GB
ストレージ SSD 120GB HDD 3TB
マザーボード ROG STRIX Z370-F Gaming
電源 Corsair 750w gold
水枕 NZXT Kraken X62
ケース Deep cool earlkase RGB white

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


― PCの用途を教えてください!

 

主にゲーム、写真の現像、動画編集に使用しています。また、新型コロナウイルスのため、外出できなくなった時でも、オンラインで友達と遊ぶ時のDiscordなどでも活躍してくれています。

 

― 新型コロナウイルス前後で、PCやソフトウェアの環境で変えたことはありますでしょうか?

 

ソフトウェアの環境は特には変化ないです。新型コロナで休校期間になった際に、色々な写真現像ソフトを知ることが出来たのでいつかは試してみたいと思っています。

 

新型コロナウイルスによる自粛期間、ニュースなどを見ていると、まさにひとりひとりの過ごし方がありますね!いろいろと失うものも多い中、HALさんは写真現像ソフトの情報を仕入れられた、とのことで、これもひとつの“自粛期間の有効な使い方”なのかもしれませんね!

 

 

写真編集を中心としたお話やこだわりをおうかがいします!

 

― 写真編集で、PCパーツの”この部分”のスペックを特に強化した、または今後強化したいポイントはありますでしょうか?

 

カメラにお金を吸われているのでスペックアップはできていないですが、今後はCPUを変更し、メモリを増やしたいなと思っています。16GBだとちょっと足りないな….と思うことが結構ありました。笑

 

― 実際に使用されているカメラと、PCでの活用方法を教えていただけますでしょうか?

 

1番最初に買ったカメラはNikon D3500でした。半年ほど使い、カメラ関係の繋がりも増えた中でより多くの表現を求め、D3500を売り、現在使用しているSony α7Ⅱを今年の2月に購入しました。レンズもTamronレンズ2本とオールドレンズであるSuper takumarを購入しています。(この時点でPC本体よりお金が飛んでいるのは知らなかったことにしておいて下さいね!)

写真の現像についてはAdobe Lightroom classicを使用しています。また、動画を撮ることもあり、その場合はAdobe Premiere Proを使用しています。

 

実はせれろんやまだも、PCよりカメラにお金がとんでいった一人であります。PCももちろんそうなのですが、“いいものにお金をつぎ込むと、それなりの効果がある”の好例ですね!特にカメラなどは、視覚的に得るものも多いため、思わず心の中で『ですよねー!』って共感してしまいました。

 

 

― 写真の色補正などで、設定や調整でこだわっていることや、周辺機器などでこだわっているものはありますでしょうか?

 

私はフィルム調の現像が好きで、色の階調をわざと減らし、赤かぶりしたような写真に仕上げています。また、フィルム時代のオールドレンズを使用することにより、より当時の色収差であったり、現代のレンズには無いクセを楽しんで撮っています。

 

周辺機器ではやはり、SDカードリーダーはこだわっていて、Sony MRW-S1という高速リーダーを愛用しています。一眼カメラだと1枚1枚の容量が大きく、取り込みに時間がかかることがあるので、このSDカードリーダーにはいつも助けられています。

 

HALさんのお部屋は6.3畳です。壁紙から写真好きがわかりますね!

 

 

なるほど!最初に伝わってきたのは、写真に対するHALさんのこだわりと、その写真に印象だったのかもしれません。機材にこだわると、撮影した結果も変わる、それが写真の面白いところだと個人的に思っていますが、それをさらに編集して、理想に近づけるのがPCだったりもします。ぜひぜひ、いろいろな現像ソフトを試してみていただければと思います。

HALさん、ありがとうございました!

 


  • DATE
    2020.10.19
  • WRITTEN BY
    せれろんやまだ
  • TAG
    自作PC
BACK TO LIST